空き家対策特別措置法とは?

空き家対策特別措置法とは?

空き家対策特別措置法は平成27年5月26日から施工された法律です。

 

これは、空き家の中でもとくに管理がずさんで酷い物件にたいして、自治体が特例空き家等とみなします。
その特例空き家等に指定されてしまった空き家は、行政の判断で取り壊しが可能となり、
更にこの命令に従わないオーナーに罰則を定めるというものです。

 

これまで、住宅用地に建物があれば固定資産税が優遇されていたのですが、
建物が建っている以上優遇され続けるため老朽化した建物を取り壊すこともなく
ただ放置し続けているオーナーが年々増え続け社会問題になっています。
空き家を解体して土地を更地にしてしまうと固定資産税の減免を受けられなくなってしまうので、
空き家の撤去費用+固定資産税が一気に掛かってくる事になってしまいます。

 

特定空き家に指定されてしまうほど、放置した空き家を持っている方はもちろん、
今後その空き家が特定空き家家等に指定されそうな空き家を持っている方、
空き家の草や木が生え放題で近隣住民に迷惑を掛けている方、
こういった空き家のオーナーは早目に空き家をどうするのか検討しておくと良いかもしれません。

 

空き家を賃貸・中古物件として売却・建物を解体して更地にした後
土地を売却したりと是非この機会に空き家をどうするのか考えてみてはいかがでしょうか。

 

一括査定はこんな人にとても便利なサービスです。

今すぐ空き家を売却したい

今すぐ売却は考えていないが、査定は知りたい

不動産のことに無知なので色々教えて欲しい

空き家をどうしたらいいかわからない