固定資産税とは

固定資産税とは

固定資産税は1月1日の時点で土地や家屋を持っている人が区市町村に支払う税金の事を言います。

 

固定資産評価額に1.4%をかけて決められ、
この固定資産評価額は区市町村が決めた額で販売価格とは異なります。
土地や建物の評価額は納付者の負担を公平にするため、3年ごとに見直されます。
固定資産税は普通徴収で1年分の税額が決まると4回に分けて納付します。
支払い期限までに納付しないと遅延金が発生することもあります。

 

また、火災や天災、盗難、経済的困窮などやむを得ない場合は
納付義務者が役所に申請しに行くと徴収を猶予してくれる場合もあるので覚えておきましょう。